ノラニンジンの咲く庭

<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お忙しい ツメナガセキレイ

ツメナガセキレイ
キマユツメナガセキレイが、シシウドに止まる。
咥えているのが何か?
モニターの画像拡大しても?
f0202445_14013591.jpg
鳴き声、お尻を振り振りは見慣れたセキレイと同じ
元気でフレンドリーかな、、縄張りアピールかな、、これも同じ





More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-30 14:03 | 野鳥 スズメ目 セキレイ科 | Comments(0)

紅いタイが良く似合う ノゴマ

ノゴマ
シブノツナイ湖の海浜草原で会えました。
野にいるコマドリからノゴマ
喉に真っ赤なタイを下げて
なかなかのお洒落さん。

遠くからでも赤いタイが目立つけど
傍には近づかせてくれない。
草原の中で地面を動き回るため見つけずらいのですが
砂地の道路でピョンピヨン飛び回っていました。
どう見ても餌の昆虫がいそうにないのです
巣が近いのでしょうか。
f0202445_22184347.jpg
人が歩いてきたので、茂みに隠れてしまいました。
ヨシ原では縄張りアピールか、嫁探しか
盛んにアピールの囀り、おや? ノゴマの口のなか黒?
シックで~す。
f0202445_22192366.jpg

[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-28 22:19 | 野鳥観察 スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科 | Comments(0)

コブハクチョウは外来種

シギの仲間が居たらな。と思いたち、、紋別のコムケ湖行きを、予定したのに雨
どうやら菜種梅雨みたい(北海道もこの時期雨が多いんです)

天気予報では稚内方面が降雨確率が低いのでクッチャロ湖の野鳥観察小屋
で、やはり雨でした

雨の降りしきる湖は水面が波打ち
コブハクチョウが1羽居た、ババは初見
流石に大きいし 綺麗です。
f0202445_20594731.jpg
コブハクチョウが
昭和20年代に観賞用として導入されたのが、逃げ出し野生化した外来種
だとは知りませんでした。
f0202445_21001632.jpg
コブハクチョウは縄張り意識が強く、他を排除してしまう。
鳥も植物も外来種は繁殖力が旺盛ですね、びっくりです。












[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-26 20:31 | Comments(0)

残念 フラれた?

イソシギ
f0202445_11210154.jpg


More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-25 11:30 | 野鳥観察 チドリ目シギ科 | Comments(0)

とっても目立ちたがり屋さん

オオジシギ

越冬地はオーストラリア南東部
凡そ9000kmを繁殖地の日本へノンストップで飛んでくる。
小さな体で驚異的なエネルギーの持ち主。
その囀りも半端でない、「雷」がつく程やかましいけど、
その姿は草地に隠れて、見つけずらいです。
f0202445_10492068.jpg
この鳥を見つけるには、早朝、草原の電柱
けたたましい囀りと200m程上空を急降下
f0202445_10495528.jpg
オオジシギのディスプレイ・フライト
降下するスピードにカメラが追いつきません、、悲しい。

[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-25 10:50 | 野鳥観察 チドリ目タシギ科タシギ属 | Comments(0)

ノビタキのフライト訓練

ノビタキのちびたん
f0202445_19040379.jpg
先ずは準備体操
f0202445_19054512.jpg



More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-21 19:06 | 野鳥 スズメ目 ヒタキ科 | Comments(0)

オオヨシキリ

6月
新緑の頃、目にも優しい青葉、、季節は快適ですね。、、

此処新川も青葉が茂る
ひときは、大きな囀り、、、姿が見つからない
漸く見つけても声の主は葉に隠れて
その一部しか見えません。
囀りが仰仰しい(ギョウギョウシイ)
オオヨシキリ
やっと見つけました。

f0202445_21300097.jpg
f0202445_21334858.jpg
f0202445_21341068.jpg


More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-19 21:43 | 野鳥観察 スズメ目ヨシキリ科 | Comments(0)

オシドリの謎

オシドリを見かけるようになりました。
其処は山間の田んぼ?で見つけた
とてもびっくり

でさらに驚き!

何故か雄の群れ 、、数分の出会でした。


f0202445_08401790.jpg

オシドリの餌?
これも意外なのは「どんぐり」
毒性のある植物を何故好んで食べるのか
一説には植物の多様

f0202445_08481124.jpg

オシドリと言えば「おしどり夫婦」仲良しの代表格

群れの飛び去った田んぼのすぐ近くの小川につがいを見つけました


More 知らなかったな?
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-10 08:45 | 野鳥観察 カモ目カモ科オシドリ属 | Comments(0)

オシドリが居た

国内での野鳥でカラフルな鳥と言えば
「オシドリ」でしょうか
素人のババでも名前だけは、憶えていました。
新川ではその姿は見つけられず。

渓谷の方に居ると聞き、神居古潭へ
雪解けに雨で水量は余るほどの濁流。

際立つ色が、外敵から身を守るためにも、神経質で
何度かチャンスを逃し、、

が、意外な場所で、彼等を発見
森の中の農業用ダムでした。
f0202445_07384632.jpg

ダムに何故?
以前聞いた話で 農業用ダムは水域の変動が大きくて
野鳥が巣を作っても、外敵に狙われる為余り作らないと聞いた。
f0202445_07392729.jpg
この後オシドリの姿を見失いました。
何処へ?
飛び立った様子は無いのに、、、。


Moreオシドリは何処へ
[PR]
by noraninnzinn | 2017-06-10 07:43 | 野鳥観察 カモ目カモ科オシドリ属 | Comments(0)