ノラニンジンの咲く庭

カテゴリ:野鳥観察 カモ目カモ科マガン属( 5 )

ねぐら立ち

「ねぐら立ち」
夜明け直前から、餌場へと一斉にマガンが飛び立ちます.
翌朝はその数が12000羽と増えていました。
ところで、マガンたちは近くの田んぼで落穂を啄みますが
1羽でおよそ130g程を1日で食べるそうです
思ったより少ないですね。
宮島沼で行われている「たっぷり雁観会」

で「マガン」の学習会、その時に教えていただきました。
寝る前に静かにそっと沼の方へ、「マガンの会話」を、、、聞き耳を
その鳴き声は、雁の家族同士の確認をしているそうです??

f0202445_22370253.jpg
f0202445_22372639.jpg
f0202445_22392940.jpg
日の出が合図か?一団がそれも一斉に12000羽が飛び立つ姿は迫力あります。


More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-10-23 22:22 | 野鳥観察 カモ目カモ科マガン属 | Comments(0)

雁行

一度は見たいと願っていました。
宮島沼のマガン
春と秋に渡りの途中にこの沼に集結します、
ここで一休みしてから、ロシアのカムチャツカ半島に、およそ40000kmを
一気に渡る。
この時まで渡りの数が5000羽。
f0202445_21414180.jpg

朝、近くに田んぼに落穂ひろい。
日没まじかに帰ってきます。
f0202445_21582198.jpg
この一団でひと家族だそうです。





More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-10-23 21:57 | 野鳥観察 カモ目カモ科マガン属 | Comments(0)

ヒシクイ

台風並み?それ以上の風に乗り遅れたか
「旅鳥」
「ヒシクイ」
>新川と石狩川の合流点へ行けば運が良ければね会えるかもね
夜明けと同時に飛び立つから
この言葉を信じて、、、
けど

今の時間?(Am10時)
近づいても逃げる様子もなく。

何もかも異例??
でも会えた、最高です。
f0202445_21241582.jpg


More続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-04-20 21:28 | 野鳥観察 カモ目カモ科マガン属 | Comments(0)

アメリカコハクチョウ

コハクチョウの嘴の黄色い部分が鼻孔より顔よりである事が見分ける手立て
ですが
極端に黄色い部分少ないか、「無い」子を見かける
f0202445_21145444.jpg
亜種アメリカコハクチョウだそうです
おしるし程度に黄色が(≒16%以下)という説もあります
でなぜ?「アメリカ」か、育ちが北アメリカだそうです
f0202445_21153658.jpg
f0202445_21163276.jpg
カモの中にも、アメリカヒドリガモ
とアメリカ育ちが居ます



More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-04-15 21:19 | 野鳥観察 カモ目カモ科マガン属 | Comments(0)

天然記念物 マガン

マガン
新川にも、数はとっても少ないですが、マガンがやって来た
北へ帰る中継地点で、「旅鳥」です
ばばが出会えたのは3羽だけしたが
この日、旭川市内で(石狩川)では20羽ほどが確認されたそうです。

f0202445_18555651.jpg

新川に詳しい方から、日の出が今5時ころで。
白鳥と行動するので、餌場に出かけるのは早朝6時前
白鳥の2番手位にゴーだそうです
で、早起き頑張って3回目にして漸く間に合いました。
f0202445_18590704.jpg




More 続きはこちらです
[PR]
by noraninnzinn | 2017-04-13 19:08 | 野鳥観察 カモ目カモ科マガン属 | Comments(0)